セラミドとは。

人間の肌は、ミルフィーユのように、何層にも重なって構成されています。
一番外側の部分に位置し、刺激から守ってくれるのが「角質層」です。
わずか2000分の1ミリの厚さしかなく、15~40%の水分を含んでいます。

乾燥肌というのは、この角質層に十分な水分がない状態です。
細胞間脂質が保水を司っていますが、この細胞間脂質の40~60%を占めていると言われているのが、セラミドです。

セラミドは、またバリア機能として働き、外部からの刺激や細菌から肌を守ってくれています。

そのように重要な役目を担っているセラミドですが、
加齢を始めとし、環境やストレス、生活習慣などで減少していきます。

セラミドは肌の生まれ変わりであるターンオーバーの過程で生成されますので、
ターンオーバーの正常化が大切です。

セラミドが不足すると、乾燥肌、敏感肌を始めとする様々なトラブルが引き起こされかねませんので、
補充することが必要となります。

それには、セラミドが配合された化粧品、美容液がおすすめです。

美肌のためには、保湿が大切であることと同時に、セラミドの重要性も最近よく知られるようになりましたので、
多くのブランドからセラミドが配合された美容液、化粧水、クリーム、オールインワンゲルなどのセラミドコスメが発売されています。

より自分の肌に合ったセラミド化粧品を選ぶといいでしょう。

乾燥肌に重要な保湿~セラミド化粧品で。

全ての肌質の方に、保湿が大切なのは言うまでもありませんが、
特に重要となるのが、乾燥肌の方です。

乾燥肌は、適切なスキンケアを怠ると敏感肌になりかねません。

保湿のスキンケアにはいくつかのポイントがありますが、
化粧品の選択においては、セラミド化粧品、セラミド配合の美容液を選ぶことをおすすめします。

セラミド化粧品、セラミド美容液に配合されているセラミドは、各ブランドによって様々ですが、
化粧品を選ぶ際の基準の1つとして、セラミドの配合割合が多いものを選ぶことが大切となります。

配合率は多くの場合公表されてはいませんが、
全成分は配合率の高いものから表記されていますので、1つの目安となるでしょう。

敏感肌の傾向がある方は、肌摩擦が軽減できるセラミド配合のオールインワンゲルを選ぶのもおすすめです。

スキンケアの際に肌摩擦を起しては、逆効果となります。

洗顔後、お風呂上り後には、水分が急速に蒸発し、乾燥を招きますので、
素早く、保湿ケアをすることが大切です。

参考:乾燥肌・敏感肌対策のためのセラミド化粧品(セラミド美容液)