女性 抜け毛

女性の抜け毛改善&育毛剤の検証たっぷりサイト!

女性の抜け毛と関係するホルモンの役割

女性の場合、女性ホルモンが抜け毛には深い関係があるとされています。

 

ここでは女性ホルモンと抜け毛の関係について書いていきましょう。女性ホルモンと言っても大きく分けると2つのホルモンがあります。

 

1つは、卵胞ホルモンであるエストロゲンです。エストロゲンは、女性の性活動や二次性徴を促進する役割を持っています。月経が終わる頃から排卵日の直前まで多く分泌されることになります。

 

毛髪の成長や発達を促すと言う役割もあります。もう1つのホルモンは、黄体ホルモンであるプロゲステロンです。プロゲステロンとは、妊娠に関するホルモンであると言っても良いでしょう。

 

妊娠に適した基礎体温を維持する役割や、妊娠を維持、継続していく役割を持っています。

 

また、毛髪の成長期を延伸するといった効果もあります。

 

通常ですと、このエストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンが2週間周期で互いに優位になってバランスを保っています。

 

ホルモンバランスに影響を与えない育毛剤を選びましょう

ホルモンバランスが崩れるとストレスなども重なりやすく心身安定しなくなりやすいので、抜け毛という点で少し違いますがトリコチロマニーの原因につながりやすいのでホルモンバランスを安定させるようにしましょう。

 

育毛トニックと育毛剤の違いなど細かく分かれたりしていますが、全体的に育毛全体の製品では、男女兼用の育毛剤でも刺激がすくなってきているので女性でも安心して使用することができます。

 

ホルモンバランスに影響を与えない成分しか配合されていないのがポイントです。

 

 

めにゅー

  • ヘアサイクルについて
  • 髪を太くする方法はこちら
  • トリコチロマニーの原因と症状について
  • ストレスでホルモンバランスが崩れると抜け毛は増えやすい

    しかし、妊娠をすることによってプロゲステロンが優位となる状態が続いてしまうようになります。

     

    出産を経ることで元の状態に戻っていくのですが、この時にエストロゲンの分泌が急激に増えることからホルモンバランスを崩してしまいます。

     

    これが分娩後脱毛症と呼ばれる女性特有の脱毛症です。

     

    このように女性ホルモンのバランスは女性にとってはとても大きな影響を持っているものです。
    女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことによって、発毛や育毛のサイクルが崩れてしまって抜け毛や脱毛を促進させてしまいます。

     

    このホルモンのバランスですが、妊娠出産以外にも多くの要素で崩れてしまうので紹介していきましょう。

     

    代表的な原因としては、ストレスがあります。

    ストレスを受けることによって、自律神経のバランスが崩れてしまってホルモン分泌のバランスも崩れてしまうのです。

     

    他にも、不規則な生活を送っていたり、睡眠不足、食生活の乱れなども女性ホルモンの分泌に影響を与えてしまいますので、ホルモンバランスが崩れているような場合は、ふだんの生活を見直していくことが重要です。

    女性が男性用の育毛剤を使用するのは効果的?

    近年では薄毛の悩みと言うのは、男性だけの悩みではなくなってきました。

     

    女性にも薄毛で悩む方が増えていることもあり、薄毛治療の育毛剤にも女性用の物も多く販売されるようになってきます。
    育毛剤にもドラッグストアなどで購入出来る物もあれば、通販限定でしか購入することが出来ないない育毛剤もあり、様々です。

     

    育毛剤を購入する時に気をつけておきたいこととしては、男性用、女性用と育毛剤が別れていることですね。

     

    中には、男女共用で使える育毛剤もありますが、男性用と女性用で育毛剤が別れているのは、男性と女性では脱毛の原因が異なっているからです。

     

    男性用の育毛剤の主な特徴は?

    男性用の育毛剤ですが、効果としては主に過剰な皮脂を抑制する働きや頭皮の血行を促進するもの、男性ホルモンを抑制するような効果を持っている育毛剤が多いです。ただ以前と比べると男性用と女性用では成分の差がなくなってきていてパッケージデザインの主に男性に好かれるようなデザインか?女性に好かれるようなデザインに分かれてきているような気がします。

     

    女性用の育毛剤の主な特徴は?

    女性用の育毛剤には頭皮に潤いを与えること、保湿効果が高いことなどのように乾燥を防ぐ育毛剤が多いのが特徴です。男性の場合、男性ホルモンが影響して皮脂の分泌量が女性と比較すると3倍程度あります。その結果、毛穴が皮脂で詰まりやすいということがあるので、男性用の育毛剤を使用すると女性にとっては刺激が強すぎるということもあるのです。

    女性の抜け毛なら専用の育毛剤を使用しよう

    反対に男性が女性用の育毛剤を使うとケアが不十分となることもあるので、それぞれの性別にあった育毛剤を使うことが重要です。

     

    また、男性ホルモンを抑制する効果を持っている育毛剤の場合、女性にとっては深刻な副作用を起こしてしまう可能性があるので、絶対に使用しないようにして下さい。

     

    女性ホルモンが関係しているから女性専用の育毛剤を選ぶのもポイント

    女性特有の薄毛の原因としては、女性ホルモンが関与していることがあります。
    女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことによって、脱毛を起こしている場合ですと男性用の育毛剤を使用しても効果を期待することが出来ません。

     

    特に妊娠中では重篤な副作用が出る可能性があるのは、上でも書いた通りですので、注意しておきましょう。特に気をつけておきたいのは、フィナステリドが配合されているプロペシアなどです。

     

    自分の抜け毛の症状にあった育毛剤を選びましょう

    女性用の育毛剤を選ぶ時には基本的に自分の抜け毛の症状にあったものを選んでいくようにして下さい。

     

    髪のボリュームアップと円形脱毛症ではやはり症状が異るので、選ぶ育毛剤も変わってくると思います。

     

    頭皮の環境が悪くなっているのなら、頭皮の環境を正常化する作用のある育毛剤を選びたいですし、髪の毛が細くなってきているような場合ですと毛根に栄養を補給するような育毛剤を選ぶと良いですね。

     


    サイトマップ