女性 抜け毛

女性の抜け毛改善たっぷりサイト!

女性の抜け毛と関係するホルモンの役割

女性の場合、女性ホルモンが抜け毛には深い関係があるとされています。

 

ここでは女性ホルモンと抜け毛の関係について書いていきましょう。女性ホルモンと言っても大きく分けると2つのホルモンがあります。

 

1つは、卵胞ホルモンであるエストロゲンです。エストロゲンは、女性の性活動や二次性徴を促進する役割を持っています。月経が終わる頃から排卵日の直前まで多く分泌されることになります。

 

毛髪の成長や発達を促すと言う役割もあります。もう1つのホルモンは、黄体ホルモンであるプロゲステロンです。プロゲステロンとは、妊娠に関するホルモンであると言っても良いでしょう。

 

妊娠に適した基礎体温を維持する役割や、妊娠を維持、継続していく役割を持っています。

 

また、毛髪の成長期を延伸するといった効果もあります。

 

通常ですと、このエストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンが2週間周期で互いに優位になってバランスを保っています。

 

ホルモンバランスに影響を与えない育毛剤を選びましょう

ホルモンバランスが崩れるとストレスなども重なりやすく心身安定しなくなりやすいので、抜け毛という点で少し違いますがトリコチロマニーの原因につながりやすいのでホルモンバランスを安定させるようにしましょう。

 

育毛トニックと育毛剤の違いなど細かく分かれたりしていますが、全体的に育毛全体の製品では、男女兼用の育毛剤でも刺激がすくなってきているので女性でも安心して使用することができます。

 

ホルモンバランスに影響を与えない成分しか配合されていないこちらのオンラインで評判となっている育毛剤のランキング比較サイトで選ぶのもポイントです。

 

 

めにゅー

  • 育毛剤の選び方は?
  • 主にヘアサイクルとは?
  • トリコチロマニーの原因と症状について
  • ストレスでホルモンバランスが崩れると抜け毛は増えやすい

    しかし、妊娠をすることによってプロゲステロンが優位となる状態が続いてしまうようになります。

     

    出産を経ることで元の状態に戻っていくのですが、この時にエストロゲンの分泌が急激に増えることからホルモンバランスを崩してしまいます。

     

    これが分娩後脱毛症と呼ばれる女性特有の脱毛症です。

     

    このように女性ホルモンのバランスは女性にとってはとても大きな影響を持っているものです。
    女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことによって、発毛や育毛のサイクルが崩れてしまって抜け毛や脱毛を促進させてしまいます。

     

    このホルモンのバランスですが、妊娠出産以外にも多くの要素で崩れてしまうので紹介していきましょう。

     

    代表的な原因としては、ストレスがあります。

    ストレスを受けることによって、自律神経のバランスが崩れてしまってホルモン分泌のバランスも崩れてしまうのです。

     

    他にも、不規則な生活を送っていたり、睡眠不足、食生活の乱れなども女性ホルモンの分泌に影響を与えてしまいますので、ホルモンバランスが崩れているような場合は、ふだんの生活を見直していくことが重要です。

     

    そうすることで髪も細くなりやすく赤茶毛が増えやすくなります。抜け毛を減らしながら、シャンプーや育毛剤などでしっかり髪を太くしていく事がやはり重要になってくるでしょう。

     

    頭皮ケアをしていくことでより抜け毛の防止にも役立ちますし、髪を太くしていくのに最適ですが、その際には洗浄作用と保湿作用のあるホホバオイルをしっかり使用していくと効果的でしょう。クレンジングとしても機能するので、やはりホホバオイルの主な効果については万能性が高いと言えるでしょう。

     


    サイトマップ